歴史に名を刻むダイヤモンドたち

ダイヤモンド鉱山

アフリカで発見された巨大なダイヤモンドを削った世界一の研磨職人とは

多くの方がジュエリーとして楽しんでいるダイヤモンドの大きさというのはそれほど大きなものではありません。 大抵のダイヤモンドは小粒となっており、気軽に購入する事ができる価格設定となっています。

では、本当に大きなダイヤモンドですとどれ位の大きさがあるのか気になるものですが、有名な巨大ダイヤモンドの一つとして挙げられるのがカリナンです。 カリナンというのは1800年初頭に南アフリカのダイヤモンド鉱山で発見されたのですが、3106カラットものサイズだったと言われています。 一般的に売られているダイヤモンドは1カラット前後の物が多くありますので、3106カラットがいかに大きいのかという事が分かります。

因みにカリナンという名前はダイヤモンド鉱山を所有していた会社の持ち主にちなんで付けられました。 では、その原石を誰が削ったのかという事ですが、それはアッシャー率いる3人の研磨職人です。 世界一のカット職人と呼ばれている彼らに依頼があった訳ですが、原石を分割するのは非常に苦労のあった作業だったと言われています。 そして数ヶ月の後になんとか分割を行えたという事ですが、その際には疲労やストレスによってアッシャーは気絶してしまったとも言われているのです。 それだけ苦労して分割し、研磨を行った訳ですが、結果的に歴史上に残るほどの巨大なダイヤモンドが生まれました。 そんな巨大なダイヤモンドの原石がどうやってできたのかと言いますと、自然の力によって生まれた訳ですので、正に自然の神秘と言えます。

流石にそこまで巨大なダイヤモンドは一般の方では手に入れる事はできませんが、小振りな物なら今は比較的安価で手に入れる事ができます。 それゆえいくつものジュエリーを楽しまれている方も少なくありませんが、しかしながら、好みというのは変わってしまいますので、時には出番が無くなり不要になる事もあるものです。 ジュエリーは変わらぬ価値がありますので、大切に保管しておくのも良いのですが、不要になってしまった時にはダイヤモンド買取を活用して処分するのも一つの選択肢です。 高値で買取ってもらう事ができれば新しいジュエリーの購入費用に充てられますので有意義に手放す事ができます。 因みに売却する際にはジュエリーを得意としている業者を当たってみる事が大切です。 やはりジュエリーに対する知識を持っている業者の方が適正価格を付けてくれ易いですし、それによって納得の売却にし易くなります。