歴史に名を刻むダイヤモンドたち

ダイヤモンド鉱山

カリナン発見以前の世界最大のダイヤモンドはエクセシオー(995ct)

1905年1月26日、南アフリカのプレミア鉱山で3,106ctという重さの世界最大のダイヤモンド原石が発見されました。この原石は、その鉱山会社会長サー・トーマス・カリナンの名前から「カリナン」と呼ばれています。この原石はあまりに大きかったため、はじめは誰もダイヤモンドの原石であるとは信じられず、鉱山事務所の人間が、窓の外に捨ててしまったという話や、トーマス・カリナン自身でさえ、最初はただの大きなクリスタルだろうと言って喜びすらしなかったという逸話も残っています。

このダイヤモンド原石の重さ3,106ctとは、1ct(カラット)が200mgなので、換算すると621.35gにもなります。また大きさは、長さ10mm、高さ63.5mm、幅50.8mmもあるものでした。 この「カリナン」発見以前の世界最大のダイヤモンド原石が「エクセシオー」(995ct)だったことを考え合わせても、「カリナン」がいかに桁違いに大きく、驚きを持って迎えられたかが分かります。 「カリナン」は、そのままではあまりに大きく高価だったことと、原石では宝飾品として使えないということで、2年間買い手がつかず、結局イギリスの植民地から独立した人々が建国した「トランスヴァール共和国」という国の政府が、イギリス国王・エドワード7世の66歳の誕生日に贈るという形で、南アフリカからイギリスへ渡りました。

そこでこの原石がカットされるわけですが、このとき白羽の矢が立ったのが、既に「エクセシオー」のカットに成功し“世界一のカット職人”の名声を得ていたジョセフ・アッシャーを中心としたアッシャー社だったのです。 ダイヤモンドは、非常に硬いことで知られますが、内部に歪みがあると、ある一点をつけば容易に砕けるという性質もあります。ところがその一点というのは、当時は経験をつんだ技師にしかわからないものでした。どうにか「カリナン」にその一点を見つけ、カットした時、技師は極度の緊張のため失神したという話も残っています。世界中が注目したこのカットをアッシャーは見事に成功させました。そして「カリナン」は、9個の大きなダイヤモンドと96個の小さなダイヤモンドに姿を変えたのです。

最大のカリナン1(530.20ct)は「アフリカの偉大な星」と呼ばれ、英国王室の王笏になりました。また、二番目に大きなカリナン2(317.40ct)は大英帝国王冠に飾られています。それらはいまでも英国の式典などで用いられ、それ以外はロンドン塔の「クラウンジュエルハウス」に展示されています。 このカリナンのカットを成功させたアッシャー社が行っている、有名な「ロイヤルアッシャーカット」のダイヤモンドは、特に美しく、ダイヤモンド買取でも高額になることが見込まれます。